まだまだ問題点の多い太陽光発電

太陽光発電というのは初期費用にまとまったお金が必要になるということも、設置を諦めてしまう大きな要因となっていることでしょう。
また日中作られた電気を貯めておくことが不可能なのが太陽光発電で非常に残念な特徴なのです。

 

太陽光発電というのは発電量が不足をしている時や夜間におきましては電力会社から電気を買う必要が出てきます。
設置をすることによって生じてしまうデメリットはこれから改善されていくことになるとは思いますが、現在におきましては地球環境を考えたエコの一貫として設置をすると良いでしょう。近年注目をされている太陽光発電は、正直な話しまだまだいくつかの問題点というものが存在しています。
日常に使用することとなるエネルギー源で大きな問題となるのが、悪天候や夜間におきましては太陽光発電は使用する事が出来ないことなのです。 太陽のエネルギーを十分に生かすことで電力を確保することの出来るのが太陽光発電となります。
太陽光発電によって、停電時対策や地球温暖化対策にも有効的となるのです。





トランクルーム
URL:http://www.day-soko.gr.jp/
トランクルームについてのサイト


まだまだ問題点の多い太陽光発電ブログ:20170922

僕は今まで生きてきて、
これまでおばあちゃんの泣き顔を見たことがありません。

喜怒哀楽がないというわけでなく、
ただ人生を知り尽くし、
すべてを受け入れているように見えるのです。
 
働いて働いてコロッと死んでしまったムスコの早すぎる死も、
その1年後に死を迎えた主人の死も…

ただ仏壇をぼんやりと見つめて、
慣れた手つきで線香に火をつける姿こそが
僕がよく知るおばあちゃんなのです。
 
そんなおばあちゃんは
食べたいものにしても、旅行したい場所にしても、
「いいよいいよ、僕は何にもいらないよ…」と
照れくさそうに笑ってみせるばかりで…

「肩たたきをしてくれ」と
僕にねだったことなど、一度だってない人なんです。

頑張り屋で、頑固で、いつも謙虚で、
僕は心から安心のできる人でした。 

2週間前、僕は、
おばあちゃんの家を1年ぶりに訪ねました。

たわいもない話で盛り上がり、
夕日も暮れてきたので帰ろうと鞄を持つと、
なぜか鞄がずしりと重いのです。

それは僕の鞄の持ち手が
引きちぎれるのではないかと思うほどの重みでした。

変だなと鞄を開けると、
そこには蜜柑がギッシリ詰まっていました。

僕がお礼を言って、
玄関を出ようとしたときには、
細かく折られた千円札を薄いティッシュで丁寧に包み、
真剣な表情で手渡してくれました。

「少なくてごめんね。なんか困ったときにでも使ってね」と
少し恥ずかしさ混じりの無邪気な笑顔で、
僕が見えなくなる寸前まで見送ってくれました。

おばあちゃんの優しさは、
本当に涙が出るほど嬉しかったです。